ゾンビの為のゲーム日記

ゾンビとゲーム日記

緑紫ダンテでアグロチックに『TEPPEN 』

こんにちは。

ゾンビが可愛い人です。

 

前回から引き続きTEPPEN について記述します。

早速ですが、私が愛用しているデッキをご覧ください。

f:id:zombiecute:20190820123114p:imageジャン!

緑と紫の混合型ダンテデッキです。

まだ始めたばかりなのでランク帯はかなり低いのですが、、無敗です。

正直、負ける気がしません。私のプレイングが雑魚だけど(笑)

 

紫の混合型ってどうなのって思う人も多いでしょう。

特にダンテなんかは「呼応」自体は他色カードとも相性はいいでしょうが、その「呼応」を持っている強いカードが全部6コスト以上ですからね。

 

このTEPPEN というゲームは基本的には単色がメインだと思います。単色だと最大コストが10まで使えるのですから。2色にした途端 半分の5コストまでしか使えません。

 

では、何故2色のダンテデッキにしたのか

それは、どうせ「呼応」でバフかけるなら、その「呼応」を発動させる為のカードもバフれば強くね?と思ったからです。

実際に強いです。 私はこのデッキ、単色にも負けず劣らずだと思います。

 

デッキの説明に入ります。

まず、緑ですが 体力を上げることがメインなんですよね。

見たら分かると思いますが、このデッキは「バージル」と「ヘル=ラスト」がメインです。

この2体をどう強くするかにカギがあります。

この2体とも呼応で火力は上がるのです。しかし、体力が上がらない。それ故に弱いというものなのです。

そこで緑のカードが必要なのです。体力を上げるのと共に攻撃力をも上げていくデッキなのです。

単色の呼応デッキより強い点は、盤面を並べられることに強く出れることです。

単色ですと、例えば「レイレイ」や「いぶき」などを強くしていきますよね。でも、コストも重いので単体でという形になることが多いと思います。

私のデッキですと「バージル」「ヘル=ラスト」どちらも3コストという低コストなのです。それに低コストのバフを付与してゴリ押すのがこのデッキの最大の強み。

 

f:id:zombiecute:20190820125423p:imageこういった風に強いカードが2枚以上並ぶのです。

いや〜、本当お強い。

 

基本的にはバージルとヘル=ラストを引くまでは適当にカードを使い回すという感じです。

この時に「予期せぬ妨害」打消しカードは使わないことです。これは育て上げたバージルたちが破壊されないように使うカードです。

そしてこのように

f:id:zombiecute:20190820125731p:imageバージルたちが並んだら勝負です。

ここでは、ダンテのリーダー能力「エボニー&アイボリー」を使い一気にバフしていきます。

この時、「フックショット」で空戦を付与すると完璧ですね。

f:id:zombiecute:20190820165844p:imageこのようにダメージや破壊などの能力カードを使って育て上げたバージル達を破壊しようとしてきます。

この時に使うのが打消し能力のある「予期せぬ妨害」です。

予期せぬ妨害を使いバージル達を大事に育てましょう。

 

という感じでドンドン勝っていきましょう!!

今回はこの辺で終わりです。

次は、ジル・バレンタインのデッキを作るので紹介しますね。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村