ゾンビの為のゲーム日記

ゾンビとゲーム日記

アズールレーンのゲーム感想

こんにちは。ゾンビが可愛い人です。

少し前にアズールレーンのゲームが出ました。

今回は、やってみた感じとたまにはゾンビ論について話そうかと思います。

まあ、言ってしまえば アズールレーンのキャラがゾンビになったら的な感じですかね。 又は、ゾンビの世界にアズールレーンのキャラが居たら。などですね。正直、ゾンビの話がしたくてしたくて仕方なく、ゲームにかこつけて勝手に話します(笑)

 

では、

ゲームについてです

 

f:id:zombiecute:20190902183335j:imageこのアズールレーンクロスウェーブというゲームは、まんまアプリのアズールレーンを3D化したと言っても過言ではない感じです。

 

f:id:zombiecute:20190902184259j:imageただ、アズールレーンのキャラを使ってバンバンバシバシ敵をなぎ倒すのは楽しいですし、何より動いてて可愛いですよね。

戦闘自体は、全く難しくない為 ゲームは苦手だけどキャラは好きなんだって方でも楽しめるかと思います。

エイムが苦手な人でも大丈夫なようにポインターも大きくしたり小さくしたり出来ますので、大体が合っていれば敵を撃ち続けることもできます。上の画像ですと、真ん中に小さい丸があるのですが、その周りに大きい丸があります。その枠内に敵が入っていれば勝手に弾が当たってくれます。

 

ね!戦闘面では全く問題なし!誰でもできる上にキャラが可愛くてプレイし易いかと思います。

 

では、ここで急に

私なりのゾンビ論を話します。

まず、アズールレーンのキャラ達がゾンビになってしまったら。

 

…終わりです

確実に人類滅亡です。

まあ、そうですよね。あんな武装ガチガチの戦艦が所構わず武装をブッ放すんですもん。終わりですよね。

噛むかは無いと思うので感染の心配はないでしょう。ゾンビは別に噛みたいという衝動に駆られているのでは無いので。

 

続いて、ゾンビの世界になってしまった場合です。

こちらの方が考えるのが面白いですよね。まず、こちらも噛まれることないので感染拡大はしないでしょう。

戦艦vsゾンビ この結末は、容易に考えられるでしょう。

無双ゲームです。完全なる無双でしょうね。

では、

どうしたらゾンビは勝てるのでしょうか

私が思うに

ゾンビは基本的には泳げません。しかし呼吸はしていない為、水中を歩くことが出来ます。ウィルス感染のゾンビは腐敗をほとんどしていないので水中で浮いてしまう心配もないです。

戦艦の下からゾンビたちが山となり乗り込み乗っ取る以外勝ち筋がありません。

しかし、ソナーか何かで逃げられたら意味がありません。なので、戦艦がドックに入るのを待ち そこを襲うのです。これでゾンビも勝てる見込みがあります。

ゾンビ自体、過去の記憶がある場合もあります。そういったゾンビは記憶と行動が紐付くことがあるので、船長や艦長といった方がゾンビになり戦艦の乗っ取りに成功した暁には、その戦艦で操縦方法を覚えているゾンビにより他の戦艦を轟沈させることも可能なのです。

 

艦隊がゾンビと戦うというのも面白い話になると思いますね。

 

私もしゾンビ出てきたら と考えるのが好きで、こういうゲームにおいてゾンビが出たらと考えてしまうんです。

アズールレーンクロスウェーブと関係ない話をしてしまって申し訳ないです。

でも、これからもちょくちょくゾンビの話をしていきます。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

誰でも勝てるウェスカーの使い方。TEPPEN

こんにちは。ゾンビが可愛い人です。

今日はTEPPEN のアルバート・ウェスカーの「選別リベンジウェスカーデッキ」です。

それでは行きましょう。

 

f:id:zombiecute:20190831225416p:imageテンプレのデッキです。今回はデッキ自体の紹介じゃないのでテンプレデッキで申し訳ないです。

 

f:id:zombiecute:20190831225529p:image初戦は今をトキメク リュウです。

最初は相手がカードを出すまでひたすら待ちます。 手札がユニットカードだらけなので、いい手札です。

特に1番右のタイラントが初手にいると最高だと思います。

 

f:id:zombiecute:20190831225910p:imageリュウのユニットカードの猛攻を耐え抜きます。

まあ、相手のユニットに合わせて攻撃力の高いユニットを投げ込むだけですけど。

ここで、顔を守る為にユニットを投げ込むのは得策ではないと思います。

顔を守るというよりは相手のユニットを上から食えるカード、又は相打ちできるカードを投げ込みます。ここは私なりの重要なポイントだと思います。 『顔面は10点までなら削られてもOK』です。

 

f:id:zombiecute:20190831230414p:imageリュウ相手の場合は、波動拳を撃たせることを意識します。 攻撃力の高さより体力が高い。体力が5以上のユニットに撃ってくることが多いと思います。 相手のユニットに合わせて、ちょうど上から食えるぐらいのユニットを投げ込めば大体は波動拳を撃ってくれます。

 

f:id:zombiecute:20190831230958p:image波動拳を撃たせたら、もう勝ちです。 手札に溜め込んだリベンジカードを投げまくれば終わりです。

 

f:id:zombiecute:20190831231440p:image続いてはダンテです。

ダンテやモリガンは、アクションカードで強くなる呼応を使って戦います。

相手のカードにはギリギリで相打ちできるタイラントを投げ込みます。これで、呼応を使われる事を最大限防ぐことが出来ます。

f:id:zombiecute:20190831232340p:image強いカードについては、「抹殺」や「漂う瘴気」、ウェスカーの「黒き選別」を惜しみなく使います。

ダンテやモリガン相手は、とにかく盤面を更地にすることを目指しましょう。

f:id:zombiecute:20190831232737p:image更地にしたら一気にユニットカードを投げ込みます。

ダンテは展開されることに弱いです。

f:id:zombiecute:20190831232849p:image最後の方で出てきたカード対して選別を撃ちゲーム終了です。

 

まとめると、

1 相手のユニットが出るまで待つ。

2 出来るだけギリギリの相打ちを狙う。

3 リベンジカードは手札で貯める。

4 顔面は10点あれば大丈夫。

5 相手の切り札カードを破壊カードで潰す。

この5つが出来れば基本的には勝てます。

リベンジウェスカーは最強ですからね。

相手のヒーローアーツの溜まり具合と残りのAPを考慮して、いけると思ったら一気に攻める姿勢が大切だと思います。

 

何故 こんな強いウェスカーが、そこまで多く居ないのかが不思議なくらいです。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

今話題の『Remnant: From the Ashes』をプレイ感想

こんにちは。ゾンビが可愛い人です。

今回は、ダークソウルディビジョンを合わせたようなゲーム。Remnant: From the Ashesをプレイしてきました。

では、行きましょう。

 

f:id:zombiecute:20190829122040j:image

最初にキャラメイクから入ります。そこまで種類はないので凝ったものは作れませんが、、

私もキャラメイクは凝ってしまうタイプでキャラメイクだけで1日経っていたこともありました。

でも、この『レムナント』では速攻でキャラメイク終わりました。キャラメイクが重要なゲームではないと思うので(笑)

f:id:zombiecute:20190829122540j:imageこんな感じ。「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグさんを意識した感じのキャラです。小中学の音楽授業で天使にラブソングをって結構見ましたよね。

まあ、そんな感じのキャラです。

 

ストーリーを進めていくと、職業みたいなのが選べるようになります。

・「Hunter 」遠距離狙撃に特化した職業。

・「Ex-cultist」中距離戦闘に特化した職業。

・「Scrapper」近距離肉弾戦に特化した職業。

この中から選ぶことができます。

私は勿論 脳筋接近戦キャラです。なんか、天使にラブソングを もそんな感じだった気がするし。

 

f:id:zombiecute:20190829124330j:imageはい。私です。お願いマッスルです。

 

f:id:zombiecute:20190829124751j:imageゲーム自体は、ダークソウルな雰囲気と難易度にディビジョンのようなアクションと射撃戦を織り交ぜたような感じです。

正直めっちゃ楽しいです。

しっかりダメージ表示もされるので火力を求めるものとして腕がなりますよね。

 

f:id:zombiecute:20190829124833j:imageスキルや武器、防具まで自分好みに仕上げられるようで、この辺はダークソウルですね。

自分でビルドを組む感じ、もうたまらないですね。

 

ダンジョンにはチェックポイントが存在しまして、それは武器の弾薬や体力、回復薬まで復活します。

f:id:zombiecute:20190829125152j:imageこんな感じで座って休みます。

あれ?もしかして、それは篝火では?

違います。

ただのチェックポイントです。

 

このゲーム 敵からの攻撃がとにかく痛いんです。ダメージが高くてすぐに死んでしまいます。

雑魚敵に殺され中ボスに大苦戦。ボスに至っては10回以上のリトライ(笑)

私が下手くそというのがあるでしょうが、それを差し引いても難しい。そこが楽しい。という感じです。

私はフレンドと2人でやったのですが、このゲームはフレンドとやる方が断然面白いと思います。勿論、ソロでやるのもかなり面白い

しかし、協力し合い助け合いながら進めていく『Remnant: From the Ashes』はソロの時より空が青く見えます

 

皆さんも是非『Remnant: From the Ashes』やってみて下さい。

絶対に後悔しません。保証します。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

『あくび』でMPの差を付ける。TEPPEN

こんにちは。ゾンビが可愛い人です。

最近、ワイヤレスイヤホンを買ったんです。Bluetoothで繋ぐやつ。めっちゃいいですね!!

通勤中にめちゃくちゃ重宝してます。

 

では、今回のTEPPEN は春麗です。

重貫通の春麗が強いのですが、今回は「あくびデッキ」です。

f:id:zombiecute:20190822191313p:imageあくびしている春麗が本家には無い可愛さですね。

 

f:id:zombiecute:20190822192505p:imageデッキはこんなかんじこんな感じ。

5MPより大きいのを多めに入れてます。

あくびの能力でMPが回復できるから、多少コストが重くてもポイポイ出せます。

完全に盤面勝負ですね。

 

それでは1戦目です。

f:id:zombiecute:20190822192723p:imageお相手はだんてダンテ。1戦目だけはアイルーを入れてました。でも、アイルーって攻撃1で体力が高くてなかなか破壊されないんですよね。あくびとも相性がそこまで良く無いかと思い抜きました。

すでにヘル=グリードで盤面が制圧されています。

f:id:zombiecute:20190822192858p:imageここから神月かりんを投下。カリンは攻撃力2に対していい感じに働きます。

f:id:zombiecute:20190822193124p:imageカリンでばんめん盤面のヘル=グリードを取った後、8コス春麗を出します。春麗は相手のカードの体力が5以下で攻撃力が6以下の時に出します。確定で強くなります。

そのまま「あくび」をジャギィに重ねて行きます。

f:id:zombiecute:20190822193442p:image出ました。紫お得意の呼応レイレイ!!

厄介なカードですが、空戦が付いていないなら気にしなくて大丈夫です。

f:id:zombiecute:20190822193703p:imageガンガン強くなっていくレイレイですが、こちらはレイレイの正面カードにあくびをかけてMPを回復しつつ低コストのカードを縦に使って行きます。

そのまま上の春麗で押し切り勝利です。

ダンテやモリガンの呼応にはアクションカードを使われたら反撃しないようにしましょう。

MPに2のボーナスが付いてくるからといってアクションカードで応戦すると相手もボーナス分上手く使ってきます。そうなれば面倒くさいのは目に見えてます。

 

f:id:zombiecute:20190822194051p:image続いては、ネルギガンテです。

初手から「頭目の招集」で盤面に圧をかけて行きます。ネルギガンテやウェスカーは自分の体力を削りながら戦ってくるので盤面でガンガン攻め立てましょう。

f:id:zombiecute:20190822194255p:image盤面はその後し処理されましたが、その間に春麗を出せました。この春麗で一気に攻めます。上から食えるカードに対してはシールドを使い体力を維持しましょう。ネルギガンテは攻撃力を上げるカードが多いので。

f:id:zombiecute:20190822194448p:imageガンガン相手のカード破壊し尽くした春麗はかなり強いです。 ここでお相手が起死回生のランダム破壊。

ギリギリ避けましたね。

この後、すぐさま春麗にシールドを付与させて、ネルギガンテの技、「棘飛ばし」を食らっても大丈夫なようにします。このまま押し切って勝利です。

 

このデッキはダメージや盤面に対してかなり強くでれます。 盤面勝負やダメージを飛ばして盤面制圧してくる行為を真正面から潰して行きます。 

ただ、空戦に弱い部分があります。注意して戦うしか無いですね。

 

最後に「あくび」の使い方ですね。

基本的には体力の低いカードに付与します。破壊されないとあくびの能力が発動しないですからね。

あくびを嫌がる人もいるので、強いカードに対しても使うことはあります。

倒したいけど倒すとあくびの能力でまた強いカードが出てくる。といった芸当ができます。

また、戦況によってはあくびを上手く使えます。f:id:zombiecute:20190822200117p:image例えばこの場面で、上のジャギィにあくびを使います。相手の攻撃は目の前なので「あくび」を付与したカードが即破壊され、一瞬でMP8まで跳ね上がります。 そこで春麗を出す事で強く出来たりします。

 

こんな感じで、少し頭を使う戦い方も出来ます。

でも、まあ、春麗は重貫通の『百烈脚』の方が強いと思います。。

 

では。また今度

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

バーン貫通ジルデッキ!TEPPEN

こんにちは。

ゾンビが可愛い人です。

 

いや、TEPPEN 楽し過ぎて、、

今回はジルのデッキを紹介します。

勝てますよ!もちろん。

ですが、タイミングを計る必要があります。

と、まあ、説明していきます。

 

f:id:zombiecute:20190821202306p:imageバーン貫通をメインにロケランで一気に攻め立てるデッキです。

レディラギアクルスで盤面を取りながら戦うことも出来ます。

 

f:id:zombiecute:20190821202621p:image初戦はXですね。

ヒーロー回復があるので正直不利です。あとデビルトリガーダンテも。

初手にレディがあるなら、レディまで貯めましょう。相手の先手を潰すことが出来ますので。

ジルには積極的に「白日の下に」を使います。ジルから手に入るハンドガンは優秀です。

f:id:zombiecute:20190821203119p:imageそのまま盤面で勝負していきます。そして、APが溜まり次第ロケットランチャーを手札に入れていく。

ちなみに、シールド持ちにはバレッタのような正面にダメージを与える系を置きシールドを破壊しつつ顔を守ります。バレッタは正面に1ダメージと体力が7といい盾になってくれます。

f:id:zombiecute:20190821203502p:imageここでロケットランチャーを使います。

基本的に相手のHPが10以下にならない限り、適当にぶっ放します。

まあ、盤面処理で使っていきましょう。

f:id:zombiecute:20190821203740p:imageここまで来たら、後は「託された弾薬」で貫通ダメージと「ヘッドショット」を使い勝ちです。

対戦ありがとうございます。

 

続いて、2戦目です。

f:id:zombiecute:20190821203950p:image相手はリオレウスさん。このゲームは、カード後出しの方が強いんです。しかし、ジルが手札にいるときは先行で投げましょう。簡単には倒されませんしジルの効果を嫌がって別の枠にカードを置いてくることが多いです。少しでも盤面からダメージを稼ぐことは重要です。

f:id:zombiecute:20190821204350p:imageラギアクルスで盤面を取り、そこに探索で手に入れた「弾薬」をかけます。そこで相手がアクションカードで対抗してきました。

このゲームはアクションカードをプレイするとMPを2個ボーナスでくれます。青く光っているところがボーナス分です。

そのボーナスを使わないのは勿体ない!!

この2MPを埋めてくれるのが「不意打ち」です。このカードでバーンダメージと共にチャージを付与します。このチャージがAPを貯めてロケランの回転率を上げるのです。

盤面のカードを強くするデッキに対してロケットランチャーはぶっ刺さります。

f:id:zombiecute:20190821205210p:image最後はロケットランチャーをぶっ放し、ラギアクルスで殴って勝利です。

仮にロケットランチャーが上のクレアに当たったとしても、手札にある「ヘッドショット」と「不意打ち」で勝利です。

 

このデッキは1体を育てて戦う系デッキ、ダンテやモリガンなどの呼応デッキに対して強く出れると思います。

また、ネルギガンテにも盤面を上手く使い顔面にダメージ入らないように立ち回るとロケットランチャーで貫通を使い相手に8点、9点と飛びやすいです。

1つテクニックとして、ロケットランチャーは適当にぶっ放すのが強いのは確かです。

しかし、狙ってぶっ放すと凶悪です。

私がよく狙うのは『相手カードの体力を限りなく1に近づける。』といった動きです。

そんなことか、と思うでしょう。しかし、この動きにロケットランチャーを合わせるとアドがデカすぎるのです。私の場合、盤面勝負で負けた枠にはその後カードを出さないという事もしています。そうして、周りの枠を取り続ければ必ずロケットランチャーが必中。その上、ある程度体力も削れているのでガッポリダメージが稼げる。

 

今回はこんな感じです。

 

割と、テンプレチックなのかと思いますが、ジル自体のデッキも少ない為 貫通を上手く使ったデッキは楽しいと思います。

皆さんもジルを是非使ってみてください。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

緑紫ダンテでアグロチックに『TEPPEN 』

こんにちは。

ゾンビが可愛い人です。

 

前回から引き続きTEPPEN について記述します。

早速ですが、私が愛用しているデッキをご覧ください。

f:id:zombiecute:20190820123114p:imageジャン!

緑と紫の混合型ダンテデッキです。

まだ始めたばかりなのでランク帯はかなり低いのですが、、無敗です。

正直、負ける気がしません。私のプレイングが雑魚だけど(笑)

 

紫の混合型ってどうなのって思う人も多いでしょう。

特にダンテなんかは「呼応」自体は他色カードとも相性はいいでしょうが、その「呼応」を持っている強いカードが全部6コスト以上ですからね。

 

このTEPPEN というゲームは基本的には単色がメインだと思います。単色だと最大コストが10まで使えるのですから。2色にした途端 半分の5コストまでしか使えません。

 

では、何故2色のダンテデッキにしたのか

それは、どうせ「呼応」でバフかけるなら、その「呼応」を発動させる為のカードもバフれば強くね?と思ったからです。

実際に強いです。 私はこのデッキ、単色にも負けず劣らずだと思います。

 

デッキの説明に入ります。

まず、緑ですが 体力を上げることがメインなんですよね。

見たら分かると思いますが、このデッキは「バージル」と「ヘル=ラスト」がメインです。

この2体をどう強くするかにカギがあります。

この2体とも呼応で火力は上がるのです。しかし、体力が上がらない。それ故に弱いというものなのです。

そこで緑のカードが必要なのです。体力を上げるのと共に攻撃力をも上げていくデッキなのです。

単色の呼応デッキより強い点は、盤面を並べられることに強く出れることです。

単色ですと、例えば「レイレイ」や「いぶき」などを強くしていきますよね。でも、コストも重いので単体でという形になることが多いと思います。

私のデッキですと「バージル」「ヘル=ラスト」どちらも3コストという低コストなのです。それに低コストのバフを付与してゴリ押すのがこのデッキの最大の強み。

 

f:id:zombiecute:20190820125423p:imageこういった風に強いカードが2枚以上並ぶのです。

いや〜、本当お強い。

 

基本的にはバージルとヘル=ラストを引くまでは適当にカードを使い回すという感じです。

この時に「予期せぬ妨害」打消しカードは使わないことです。これは育て上げたバージルたちが破壊されないように使うカードです。

そしてこのように

f:id:zombiecute:20190820125731p:imageバージルたちが並んだら勝負です。

ここでは、ダンテのリーダー能力「エボニー&アイボリー」を使い一気にバフしていきます。

この時、「フックショット」で空戦を付与すると完璧ですね。

f:id:zombiecute:20190820165844p:imageこのようにダメージや破壊などの能力カードを使って育て上げたバージル達を破壊しようとしてきます。

この時に使うのが打消し能力のある「予期せぬ妨害」です。

予期せぬ妨害を使いバージル達を大事に育てましょう。

 

という感じでドンドン勝っていきましょう!!

今回はこの辺で終わりです。

次は、ジル・バレンタインのデッキを作るので紹介しますね。

 

では、また今度。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

新感覚オンラインTCGゲーム『TEPPEN』

こんにちは。

ゾンビが可愛い人です。

 

今更ながらTEPPEN 始めました!!

ずっとカードゲームは、Shadowverseばかりやっていまして

ドラクエライバルズも他のカードゲームも試しましたが全然ハマらなかったのですが、、

TEPPEN 最高に楽しいです!!!

 

まあ、私がCAPCOMさんのゲームが好きで興味本位で始めたら、どハマりって感じなんですけど(笑)

 

では、新感覚のTCGトレーディングカードゲームTEPPEN について私的に感想などを記述していきます。

 

まず

f:id:zombiecute:20190819224432p:image見てください!この豪華なタイトル画面!!

有名格闘ゲームストリートファイターから「リュウ」「春麗」。次も格闘ゲームのヴァンパイアから「モリガン・アースランド」。超有名ハンティングゲームのモンハンワールドから「リオレウス」「ネルギガンテ」。ロックマンシリーズから「ロックマンX」。デビルメイクライから「ダンテ」。バイオハザードから「アルバート・ウェスカー」。タイトル画面には居ませんが、バイオハザードから「ジル・バレンタイン」も参戦しました。

この9キャラクターの中から1人選んでデッキを組み戦うという形です。

この9キャラクターの中にも3つのリーダー能力がありまして、それはプレイして確認して下さい。

 

このTEPPEN はCAPCOMさんとガンホーさんが共同制作したもので、面白くない訳がないのです。

因みに私はデビルメイクライバイオハザードが特に好きで

ダンテが凄く渋くてカッコいいんですよね。

また、ウェスカーもカッコいいのですが、レオン派なのでレオンが来たらアツいな〜。

 

てことで、私はダンテのデッキを作りました。

テンプレのデッキをまずは作りました。

f:id:zombiecute:20190819230626p:image少し改良してますが大体こんな感じです。

空戦呼応ダンテデッキですね。

空戦という能力と呼応という能力を掛け合わせたデッキです。 

このゲームは、お互いにカードを出し合い それがぶつかる事で戦闘を行なっていきます。

攻撃力と体力があり、自分の攻撃 相手の攻撃とがぶつかり合いお互いにダメージを負います。

例えば、攻撃が2体力が5あったとします。相手のカードは攻撃が1体力が3だとします。

この2枚のカードがぶつかった場合、自分の攻撃が通ると敵のカードに2ダメージ与えます。この時点で相手のカードは体力が減り攻撃が1体力が1となります。これは分かりやすいのですが、この時、相手も反撃してくるのです。

ですから、攻撃した自分のカードが相手の攻撃分のダメージを負うのです。

簡単に言うと、相手と自分の攻撃力と体力が高い方が勝つのです。

この駆け引きをリアルタイムで行います。カードゲームなのにターン制ではないのです。

ここが新感覚の部分だと思います。

戦略的にしっかりとしたカードゲームなのですがリアルタイムで進行する為、アクションゲーム感覚でもあるのです。

 

戦闘の説明をしたところで話を戻します。

先ほどの「空戦」とは、ぶつかり合いが自分のカードに関して発生せず相手のリーダーに直接ダメージが入るのです。

そして、「呼応」とはダンテのキャラ特有の能力でTEPPEN にはカードが2種類あって盤面に出せるカードと盤面に影響を与えるカードがあります。

呼応は、この影響カードを使うことによって発動する能力なのです。

詳しく説明すると色々と大変なので省きますが

TEPPEN には少し難しい部分があります。

ですが、それを理解すると物凄く面白いものとなってきます。

噛めば噛むほどってやつですね。私的にはスルメゲーです。

 

今回はここまで。

次は私が使っているデッキを紹介したいと思いますので、よろしくお願いします。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村